見た目よりも機能重視の方が意外に多いようです。

女性目線の車選びとは

 

最近タクシーやバスの運転手に女性ドライバーが増えましたよね。

車が大好き、車に詳しいという女性も増えています。

最近では自動車メーカーのディーラーも、

率先して女性目線を重視したお店作りやサービスを提供しています。

そして各自動車メーカーは、女性に好まれる車の開発にも熱心に取り組んでいるようです。

女性目線で選ぶ車とは、一体どういった車があるのでしょうか。

 

 

ママに嬉しい車(TOYOTA ポルテ)

トヨタの車

電動スライドドア 赤ちゃんをベビーカーごと乗り込める電動スライドドアはとっても便利。
低い床 小さな子供でも乗り降りが安心出来ます。
大容量の荷物BOX 運転席回りの収納が充実していると、運転しながらバッグをごそごそ探らずさっと取り出せて重宝します。

 

 

女性の初心者にも優しい車(SUZUKI ワゴンR)

スズキの車

レーダーブレーキサポート 前方の車との距離をレーダーで感知。

とっさの衝突時には自動急ブレーキが作動します。

誤発進抑制機能 前方の障害物をレーダーが検知して急発進を防ぎます。
エマージェンシーストップシグナル 走行中に急ブレーキをかけると、自動的にハザードが点灯します。

 

 

女性ドライバーに優しい車(日産 デイズ)

日産の車

99%UVカットしたフロントガラス 運転中の日焼けを気にする女性は多いです。
アラウンドビューモニタ 車庫入れ、駐車が苦手な女性には必須システムです。
タッチパネル式オートエアコン エアコン調節って面倒くさいですよね。

 

 

デザインがオシャレな車に乗りたい(ダイハツ タント)

ダイハツの車

デザイン 2013年グッドデザイン賞を受賞しています。
ミラクルオープンドア 軽自動車で唯一「福祉車両」としても使える車です。
照明付大型バニティミラー 運転席/助手席の両方に付いています。

 

 

女性も大きな車に乗りたい(三菱eKスペース)

三菱の車

スペースの広さ 軽自動車の大きさではトップクラスの高さと長さを誇ります。
内装 黒でスタイリッシュなイメージです。
リヤシート 軽自動車最長の260mmロングスライドが自慢です。
「カスタムT」 ターボエンジンを搭載しています。

 

 

黄色ナンバーだからってナメられたくない!(HONDA N-BOX)

ホンダの車

いかつい外装 女性らしくないデザインがむしろgood。
アレルフリー高性能脱臭フィルター ホコリ、アレルゲンを抑制するシートを標準装備しています。
2トーン仕様 オシャレ+かっこいいカラーが自慢です。

 

 

各メーカーごとに、女性目線で細かい配慮を施した車が現在は売れ筋なのだとか。

男性は車を購入する時は女性の意見を80%の人が尊重するという報告も寄せられています。

私ならトイレ付きの車が是非欲しい所ですが、それは中々難しい様ですね。

 

女性に人気の車種ランキングBEST3

 

一家のお財布を管理している主婦の方であれば、

見た目や機能だけでなく「コスパ」を意識せずにはいられません。

特に将来的に乗り換えるときには「なるべく買った値段に近い価格で売りたい」と思いますね。

 

よく「車は購入時は何百万円もするけど、売るときは二束三文なんでしょ?」と言う方もいますが、車種や乗り方によっては同じ年式でも倍以上開くことも珍しくないのです。

 

コスパを気にするなら、まず値落ちしにくい車種や条件を知りましょう!

 

 

 

こんなサービスが欲しい

女性ユーザーから、こんな車が欲しいとの口コミも寄せられています。

 

・ペット専用シートのある車
・食事が出来る大きなテーブルがある車
・重い荷物を自動で運び下しが出来る車
・クローゼット付きの車
・着替えるのに便利な高さのある車
・SIRIの様に話相手になってくれる車

 

 

女性ドライバーの推移

1970年代には1,000万人程度だった女性ドライバーの数は、2010年には3,500万人を突破しました。男女で比べてみても、女性の割合が徐々に大きくなりつつあります。

 

特に最近ではシニアの女性ドライバー増加しています。
2000年~2010年の間に60代の女性ドライバーだけでも約540万人も増加しています。

 

人口に占める割合では

 

50代後半・・・52.7%→74.7%
60~64歳・・・37.2%→67.2%
65~69歳・・・22.8%→48.7%

 

と大幅に増加しています。

 

今後の自動車業界は、シニアの女性向きの車の開発に取り組むべきでしょう。
シニア女性は比較的経済力に恵まれ、アクティブな行動力の持ち主です。
現在のシニア女性は、「おばあちゃん」というよりも「ミセス」という言葉がぴったり。
オシャレな方が多く、情報通で交流関係の広いのが特徴です。

 

シニア女性をターゲットにした車は、ヒットすれば若い女性よりも大幅な利益拡大が望めそうです。

 

女性のマイカーの保有率や免許所持率も年々増加

 

男性は車を購入する時は女性の意見を80%の人が尊重するという報告も寄せられています。
私ならトイレ付きの車が是非欲しい所ですが、それは中々難しいようですね。
そしてなにより、車を買うにはまずかなりのまとまったお金が必要です。
ローンを組むという方法もありますが、月々の支払いでいずれにせよお金が必要になります。
車の購入資金を貯めるのにおすすめの仕事として、最近は「ナイトワーク派遣」が注目されています。

ナイトワーク派遣の詳細はコチラ